メークアップで美肌ママ

マカロン
ナポレオン
HOME => お肌にシミができる原因(どうがんばっ

お肌にシミができる原因(どうがんばっ

お肌にシミができる原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)としてまず思い浮かぶのは紫外線ではありますが、もう一つのシミの元凶と言われているのがホルモンバランスの乱れです。


実例の一つと言われているのが、近年、テレビCMによって知名度を上げた「肝斑」です。

この肝斑はホルモンバランスの乱れによってできるシミの代表であり、妊娠中、それに、出産後の発症が比較的多いということが判明しているのです。それから、肝班をできやすくする行為としてピルという薬品の服用が挙げられ、その治療は紫外線によるシミにくらべて困難であるのもこのシミの特徴です。

敏感肌といえば乾燥肌でもあるといって良いくらい敏感肌と乾燥肌の関連性は深いものだと言えます。

一度乾燥肌になると、ちょっとした程度の刺激を受けたとしても、過剰な反応を起こし、肌に赤みが生じたり腫れたりといった肌のトラブルが起こりやすくなる傾向があります。肌表面の角質層が薄くなったために、外からの刺激を肌内部まで通しやすくなっていることがその原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)なのです。ニキビを引き起こすものは毛穴にたまった汚れが、炎症が発生してしまうことです。
手で顔を触るクセのある人は辞めましょう。日常生活において手には汚れが数えきれないほどついており、顔にその手でふれるということは顔を汚しているのとほとんど同じでしょう。
肌の保湿が十分できていれば、シミの基になるメラニン色素も増えにくくなります。
肌の水分量が一定に保たれ、潤っていれば水分と油分は最適のバランスで保たれていて、きめが整い、肌の奥まで保護されている訳です。



水分や油分で潤い、きめが整った肌はバリア機能も高く、肌の奥まで紫外線が届きにくくなって、シミ予防の役割も果たしています。



日頃から保湿ケアを欠かさず、乾燥しないように気をつけなければなりません。
秋冬になって乾燥が過酷なため、エイジングケアの化粧水にしました。

やはり年齢肌に注目した商品ですし、値段も高価なだけあって期待どおりの結果を実感します。
化粧水のみで肌がもっちりとしめるので、その後の乳液なども薄くのばすだけで好感です。


次の日の肌がピンとして、ファンデーションも美しくついて十分に感じるので、これからも使用します。

この季節では、オールインワン化粧品が十分に定着しましたね。

その中でもエイジングケアと称したオールインワン化粧品には、各社とも注目をしているようです。
配合成分は、コラーゲン(動物にとっては、建物でいえば骨組みにあたる細胞の土台のような役割を果たしている繊維状のタンパク質です)、ヒアルロン酸(結合組織を構成するとても重要な成分で、多糖類の一種です)、セラミドなどのような保湿と結びつくものがたくさんありますが、アスタキサンチンが目を引いていることもあり、色の赤いエイジングケア化粧品が増え続けています。
かねてより敏感肌でおおむね化粧等した試しがありませんでしたが、今時は敏感肌用やアレルギー検査済みの化粧品も伸びてきました。



敏感肌でも肌に害をもたらすことなく使用できる化粧下地も増大してきて、とても喜ばしいです。今後は幾らかはおしゃれをエンジョイでき沿うです。
肌にシワができるのは、加齢をはじめとしていろんな原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)があるものの、乾燥の影響が大きいようです。
屋内でエアコン(ユニットの形態には、一体型、リモートコンデンサ型、リモートコンデンシングユニット型、マルチ式などがあります)の風にさらされたり運動をして、汗が肌の保湿成分ごと流れていってしまった場合などは特に気を付けましょう。それではこの乾燥にどう対処したらいいかというと、こまめな保湿で肌を乾燥させないようにするのが乾燥によるシワを防ぐためには大事なことです。

例えばスプレータイプの化粧水を持ち歩いて、どこでもワンプッシュするようにしたり、汗を流した時は皮膚(年をとるにつれて、トラブルが起こることも多くなります。また、新陳代謝のスピードも低下してしまうものですよね)のバリアがなくなっていますので、しっかり保湿をします。
ケアしていても乾燥するという話をよく効きます。
もしかするとお手入れの「時間」に原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)があるのかも知れませんよ。


洗顔したばかりの肌や、湿気たっぷりの浴室から出たときの肌は水を撒いたように潤っているはず。

でも、実は乾燥が急速に進んでいるのです。



ゆでた野菜があっというまに乾燥するのを思い出してください。
シワや乾燥の原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)を造りやすい時間ですが、考え方を変えれば「肌がどんどん水を飲み込む」時間でもあります。

ただ、この時間帯さえうまくコントロールすれば、いっつものスキンケア効果がうんと高まります。お風呂上りはタオルで軽く抑え、すぐに化粧水(保湿効果のあるもの)やライトな乳液などでしっかりと水分を補充しましょう。吸い込みが良いので、多めにつかうことがコツです。
生まれつき(先天的、先天性という表現が使われることもあります)や幼い頃から、シミやアザなどがお肌にあり、気にしている方をよく見かけます。こうしたシミなどは絶対消えないと諦めている方が多いようですけど、治療技術はとっても進歩していて、個人差はありますが、シミやアザ等を薄くすることが可能になっています。

もし、シミやアザ、紫斑などをずっと気にしているのなら、専門の医療機関でカウンセリングを受けてみましょう。それに、シミ、アザをどのように消したのかという体験談を治療に役たててください。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 メークアップで美肌ママ All Rights Reserved.